【韓国の反応】日本の水素技術の水準は?→韓国人「日本の水素関連技術は韓国が研究開発したもの」

【水素革命が始まった②】日本の水素技術水準は?

【韓国の反応】日本の水素技術の水準は?→韓国人「日本の水素関連技術は韓国が研究開発したもの」 のサムネイル

【水素革命が始まった②】日本の水素技術水準は?
強力な政府の政策に基づいて、高速に技術飛躍

純粋水素燃料電池・移動型水素ステーションなど

【ソウル=ニューシス】パクジュヨン記者

政府次元で水素を次世代エネルギー源として定め、水素ドライブをかけている日本は、グローバル、水素技術の強者に数えられる。

15日、業界によると、日本は2020年までに水素自動車4万台の普及、水素ステーション160基の確保を目指して研究・開発のドライブをかけている。政府の強力なポリシーに基づいて企業も水素生産から、輸送、イ​​ンフラ産業に飛び込んで、速い技術の発展速度を示している。

化石燃料よりも低価格で、水素エネルギーを確保し、水素エネルギーの確保の過程で二酸化炭素を発生させないことが、日本の水素ロードマップの最終目標だ。

このため日本の水素技術の進歩は、水素エネルギーの効率を高め、価格を下げる方向に集中している。
エネルギーパームなどの燃料電池技術、太陽光・風力と融合した水素の生産、地熱融合など様々な分野での技術発展が目覚しい。

燃料電池メーカー東芝は、都市ガスを燃料として使用していた700W、3.5㎾、100㎾級高分子電解質燃料電池(PEMFC)システムのすべてを純粋な水素を使用する「純粋水素型PEMFCシステム」に転換した。

旭化成が再生可能エネルギーを水素に変換させるエネルギー効率は90%で、世界最高水準である。
リチウムイオン電池の絶縁材部門の世界をリードする企業の旭化成は余剰再生可能エネルギーを活用して、水を電気分解して水素を生産しており、実証プラントの稼働時間9500時間を越えて安定水素量産の可能性を示している。

常温で大量輸送しやすいアンモニアを燃料として使用する水素発電設備も開発されている。
水素とトルエンを結合させてMCHという化合物で精製して輸送した後、水素ステーションで再び水素を抽出する技術はプラント建設企業千代田化工が開発中である。

二酸化炭素の排出を減らすため火力発電のための天然ガスに水素を混合し、コストと二酸化炭素排出量を削減する試みが行われている。
千代田化工はこれにより、2020年代後半に水素発電コストをkW当たり17円まで下げる計画だ。

持ち運びに便利な水素ステーションの開発も加速している。
岩谷は最近、国際水素燃料電池博覧会で水素を生産した後、充電できる移動型水素ステーションを披露して注目を集めた。
この水素ステーションは最大6㎏の水素を貯蔵・運搬・充電することができる。

日本は世界で水素自動車を量産できる3つのブランド(現代ネクソ、トヨタのミライ、ホンダのクラリティー)のうち2つを保有している国だ。
このうちトヨタとミライの場合、2013年に世界初の水素自動車を量産した現代車を抜いて未来を4268台販売し、グローバル1位を占めた。

未来は現代ネクソに比べて走行距離(ネクソ609km・ミライ502km)、水素タンク容量(ネクソ6.3kg・ミライ5.0kg)、最大出力(ネクソ163馬力・ミライ154馬力)、最大トルク(ネクソ40.3kg・m・ミライ34.2kg・m)、1回の充電時間(ネクソ5分・ミライ3分)など、すべての面で一枚下という評価を受けている。

しかし価格競争力(補助金前ネクソ6900万ウォン・ミライ6300万ウォン)は高い上、自国の優れた水素インフラと財政的支援を受けており、迅速な技術の発展を予告している。

業界関係者は「水素電気自動車技術力は優位を先取りしているが、充電所などのインフラの構築に関連する技術力は日本に追いつけずにいる状況」とし「水素は技術力があれば簡単に得ることができる環境に優しいエネルギー源だけに、長期戦略で技術開発しなければならない」と強調した。
引用ソース
http://v.media.daum.net/v/20180415062307106

韓国人のコメント

・ガソリンやディーゼル車を放棄する時代が到来する。
遅れたら終わり!

共感984非共感24

・クロマニョン人(水素)とネアンデルタール人(電気自動車)の戦争だ。
未来を先取りして先進国になろう。

共感705非共感32

・李明博が無駄遣いしたお金をこういうものに使ってたら私たちがうまくいってたのに…失われた10年が惜しい…
共感216非共感21

・電気自動車よりも水素車のほうがはるかに実用的で環境に優しい。
電気自動車は充電時間だけで少なくとも20〜30分かかるし、電気の材料も原子力や火力発電が主流だ。

共感205非共感16

・今後は水素、ハイブリッドが主流になる。
共感184非共感11

・今後、小型車やバイクは電気に、その他は水素になる。
準備をしと、大韓民国。
精神を引き締めろ、現代。

共感173非共感7

・こういうものに政府はどんどんサポートしろ。特典とは言わない。
微細粉塵を減らす1等技術を作りましょう。

共感148非共感10

・政府が莫大な投資しろ。
共感154非共感20

・水素は現代が技術力上位ではないのですか。

共感118非共感12

・日本の水素関連技術は、ほとんどが韓国で研究や開発した機密である。
それを国内の売国企業と李明博、朴槿恵統治支配の時期、スパイが機密をぬいて、第3国経由で給料をもらって売ったり、日本の核心部品などと交換した。
日本はそれを独自に開発したものだと嘘ついて発表した。
共感48非共感7

・李明博が4大河川ではなく先端産業にオールインしていたら、私たちが今、中国と日本に挟撃されることはなかっただろう。
共感51非共感11

・水素が道であり、答えである。
共感44非共感5

・電気自動車は中国が世界1位、水素車は日本が世界1位。
韓国は不動産投機に忙しく、国の資金を無駄にするのに忙しく、詐欺するのに忙しい。

共感25非共感3

・私たちは何をしているのか…
共感20非共感0

・政府も企業もすばやくインフラ構築しろ!
なぜこんなに遅れているのか。
現代もインフラ構築を積極的にしろ。
現代ブランドの充電所を作らないのか!!
政府だけを信じずに…!
土地に使ったお金の半分だけでも投資しろ!!
こうしている間に日本がますます進む…!!!苦しい…!!!
共感19非共感1

・李明博と朴槿恵の二泥棒が盗んだ国民の財産をすべて没収し、水素自動車の時代を開かなくてはならない。
共感9非共感1

・電気自動車よりも水素電気自動車が答えだね。

共感9非共感2

・日本を上回ることができるように頑張りましょう〜

共感7非共感0

・現代の水素車を支持します。
開発して庶民も買える水素車を作ってください。
政府も支援に最善を…
共感9非共感3

・韓国はいつもいつも政治の戦いばかりで歳月を無駄にしてるが、隣国の日本は安倍が私学不正スキャンダルに巻き込まれても、科学技術の重要性を悟って進めているのがうらやましいです。
人類の幸福をもたらすのは政治改革ではなく技術革新である。
技術革新がむしろ物質的豊かさをもたらして、実質的に庶民の生活の向上をもたらすというのが歴史の真実である。

共感7非共感2

・外国は水素自動車をサポートしているのに韓国は逆行している。

共感7非共感2

・日本をちょっとは学べ~~
共感7非共感2

・自動車の革命が始まって、予想外に早く進行するだろう。
共感7非共感2

・電気自動車をなぜエコカーというのか理解できない。

共感6非共感1

・この政府の政策が苦しいだけである。

共感6非共感1

・政府はこのようなことを知っているのか。
経済と技術力の拡充及びインフラの構築が大韓民国の未来だ。

共感6非共感1

・韓国が初めて開発したのに、日本に抜かれた。
政治する奴らは精神を引き締めろ。
共感5非共感0

・日本の政治は遅れてるが、政府は目が肥えてるし、技術はやはり優れている…
共感5非共感0

・韓国政府は何をしているのか?

共感5非共感0

・なぜいつもチョッパリよりも遅れているのか。
今後は環境問題が最大の問題点だ。
国民の生存権と直結している。
一日も早い環境にやさしいエネルギー技術の発展が必要である。
政府や官僚たちは精神を引き締めろ。
共感5非共感0

・先取りして世界を驚かせましょう。

共感5非共感1

・GMを追い出して、そこを現代水素自動車の生産基地に変えろ。

共感5非共感1

・さすが日本だね。
韓国政府は税金を奪うことだけ考えている。

共感5非共感1

・ムンジェイン政府は速やかに水素自動車関連支援策を発表し、未来の食べ物を日本に奪われる愚をおかしてはならない。

共感6非共感4

・韓国は何をしている?
井の中の蛙ばかりうじゃうじゃ。

共感2非共感0

・日本の話ではなく、韓国の現実と対策を教えなきゃ〜

共感2非共感0

・結局は、現代のチラシ記事。
共感3非共感2

・日本は技術投資にお金を注いでるのに…
韓国は福祉と公務員にお金を注ぎ込んでしまってますね…
共感3非共感2

・行く道が遠い。
共感2非共感1

・日本より遅れたらダメだ。
そして世界初の核融合発電を完成しよう。

共感1非共感0

・日本の奴らがうまくいくだろう。緻密な奴らだ。

共感1非共感0

・中国と日本は企業を応援し、サポートしている…私たちは?

共感3非共感3

【水素革命が始まった②】日本の水素技術水準は?
強力な政府の政策に基づいて、高速に技術飛躍

純粋水素燃料電池・移動型水素ステーションなど

【ソウル=ニューシス】パクジュヨン記者

政府次元で水素を次世代エネルギー源として定め、水素ドライブをかけている日本は、グローバル、水素技術の強者に数えられる。

15日、業界によると、日本は2020年までに水素自動車4万台の普及、水素ステーション160基の確保を目指して研究・開発のドライブをかけている。政府の強力なポリシーに基づいて企業も水素生産から、輸送、イ​​ンフラ産業に飛び込んで、速い技術の発展速度を示している。

化石燃料よりも低価格で、水素エネルギーを確保し、水素エネルギーの確保の過程で二酸化炭素を発生させないことが、日本の水素ロードマップの最終目標だ。

このため日本の水素技術の進歩は、水素エネルギーの効率を高め、価格を下げる方向に集中している。
エネルギーパームなどの燃料電池技術、太陽光・風力と融合した水素の生産、地熱融合など様々な分野での技術発展が目覚しい。

燃料電池メーカー東芝は、都市ガスを燃料として使用していた700W、3.5㎾、100㎾級高分子電解質燃料電池(PEMFC)システムのすべてを純粋な水素を使用する「純粋水素型PEMFCシステム」に転換した。

旭化成が再生可能エネルギーを水素に変換させるエネルギー効率は90%で、世界最高水準である。
リチウムイオン電池の絶縁材部門の世界をリードする企業の旭化成は余剰再生可能エネルギーを活用して、水を電気分解して水素を生産しており、実証プラントの稼働時間9500時間を越えて安定水素量産の可能性を示している。

常温で大量輸送しやすいアンモニアを燃料として使用する水素発電設備も開発されている。
水素とトルエンを結合させてMCHという化合物で精製して輸送した後、水素ステーションで再び水素を抽出する技術はプラント建設企業千代田化工が開発中である。

二酸化炭素の排出を減らすため火力発電のための天然ガスに水素を混合し、コストと二酸化炭素排出量を削減する試みが行われている。
千代田化工はこれにより、2020年代後半に水素発電コストをkW当たり17円まで下げる計画だ。

持ち運びに便利な水素ステーションの開発も加速している。
岩谷は最近、国際水素燃料電池博覧会で水素を生産した後、充電できる移動型水素ステーションを披露して注目を集めた。
この水素ステーションは最大6㎏の水素を貯蔵・運搬・充電することができる。

日本は世界で水素自動車を量産できる3つのブランド(現代ネクソ、トヨタのミライ、ホンダのクラリティー)のうち2つを保有している国だ。
このうちトヨタとミライの場合、2013年に世界初の水素自動車を量産した現代車を抜いて未来を4268台販売し、グローバル1位を占めた。

未来は現代ネクソに比べて走行距離(ネクソ609km・ミライ502km)、水素タンク容量(ネクソ6.3kg・ミライ5.0kg)、最大出力(ネクソ163馬力・ミライ154馬力)、最大トルク(ネクソ40.3kg・m・ミライ34.2kg・m)、1回の充電時間(ネクソ5分・ミライ3分)など、すべての面で一枚下という評価を受けている。

しかし価格競争力(補助金前ネクソ6900万ウォン・ミライ6300万ウォン)は高い上、自国の優れた水素インフラと財政的支援を受けており、迅速な技術の発展を予告している。

業界関係者は「水素電気自動車技術力は優位を先取りしているが、充電所などのインフラの構築に関連する技術力は日本に追いつけずにいる状況」とし「水素は技術力があれば簡単に得ることができる環境に優しいエネルギー源だけに、長期戦略で技術開発しなければならない」と強調した。
引用ソース
http://v.media.daum.net/v/20180415062307106

韓国人のコメント

・ガソリンやディーゼル車を放棄する時代が到来する。
遅れたら終わり!

共感984非共感24

・クロマニョン人(水素)とネアンデルタール人(電気自動車)の戦争だ。
未来を先取りして先進国になろう。

共感705非共感32

・李明博が無駄遣いしたお金をこういうものに使ってたら私たちがうまくいってたのに…失われた10年が惜しい…
共感216非共感21

・電気自動車よりも水素車のほうがはるかに実用的で環境に優しい。
電気自動車は充電時間だけで少なくとも20〜30分かかるし、電気の材料も原子力や火力発電が主流だ。

共感205非共感16

・今後は水素、ハイブリッドが主流になる。
共感184非共感11

・今後、小型車やバイクは電気に、その他は水素になる。
準備をしと、大韓民国。
精神を引き締めろ、現代。

共感173非共感7

・こういうものに政府はどんどんサポートしろ。特典とは言わない。
微細粉塵を減らす1等技術を作りましょう。

共感148非共感10

・政府が莫大な投資しろ。
共感154非共感20

・水素は現代が技術力上位ではないのですか。

共感118非共感12

・日本の水素関連技術は、ほとんどが韓国で研究や開発した機密である。
それを国内の売国企業と李明博、朴槿恵統治支配の時期、スパイが機密をぬいて、第3国経由で給料をもらって売ったり、日本の核心部品などと交換した。
日本はそれを独自に開発したものだと嘘ついて発表した。
共感48非共感7

・李明博が4大河川ではなく先端産業にオールインしていたら、私たちが今、中国と日本に挟撃されることはなかっただろう。
共感51非共感11

・水素が道であり、答えである。
共感44非共感5

・電気自動車は中国が世界1位、水素車は日本が世界1位。
韓国は不動産投機に忙しく、国の資金を無駄にするのに忙しく、詐欺するのに忙しい。

共感25非共感3

・私たちは何をしているのか…
共感20非共感0

・政府も企業もすばやくインフラ構築しろ!
なぜこんなに遅れているのか。
現代もインフラ構築を積極的にしろ。
現代ブランドの充電所を作らないのか!!
政府だけを信じずに…!
土地に使ったお金の半分だけでも投資しろ!!
こうしている間に日本がますます進む…!!!苦しい…!!!
共感19非共感1

・李明博と朴槿恵の二泥棒が盗んだ国民の財産をすべて没収し、水素自動車の時代を開かなくてはならない。
共感9非共感1

・電気自動車よりも水素電気自動車が答えだね。

共感9非共感2

・日本を上回ることができるように頑張りましょう〜

共感7非共感0

・現代の水素車を支持します。
開発して庶民も買える水素車を作ってください。
政府も支援に最善を…
共感9非共感3

・韓国はいつもいつも政治の戦いばかりで歳月を無駄にしてるが、隣国の日本は安倍が私学不正スキャンダルに巻き込まれても、科学技術の重要性を悟って進めているのがうらやましいです。
人類の幸福をもたらすのは政治改革ではなく技術革新である。
技術革新がむしろ物質的豊かさをもたらして、実質的に庶民の生活の向上をもたらすというのが歴史の真実である。

共感7非共感2

・外国は水素自動車をサポートしているのに韓国は逆行している。

共感7非共感2

・日本をちょっとは学べ~~
共感7非共感2

・自動車の革命が始まって、予想外に早く進行するだろう。
共感7非共感2

・電気自動車をなぜエコカーというのか理解できない。

共感6非共感1

・この政府の政策が苦しいだけである。

共感6非共感1

・政府はこのようなことを知っているのか。
経済と技術力の拡充及びインフラの構築が大韓民国の未来だ。

共感6非共感1

・韓国が初めて開発したのに、日本に抜かれた。
政治する奴らは精神を引き締めろ。
共感5非共感0

・日本の政治は遅れてるが、政府は目が肥えてるし、技術はやはり優れている…
共感5非共感0

・韓国政府は何をしているのか?

共感5非共感0

・なぜいつもチョッパリよりも遅れているのか。
今後は環境問題が最大の問題点だ。
国民の生存権と直結している。
一日も早い環境にやさしいエネルギー技術の発展が必要である。
政府や官僚たちは精神を引き締めろ。
共感5非共感0

・先取りして世界を驚かせましょう。

共感5非共感1

・GMを追い出して、そこを現代水素自動車の生産基地に変えろ。

共感5非共感1

・さすが日本だね。
韓国政府は税金を奪うことだけ考えている。

共感5非共感1

・ムンジェイン政府は速やかに水素自動車関連支援策を発表し、未来の食べ物を日本に奪われる愚をおかしてはならない。

共感6非共感4

・韓国は何をしている?
井の中の蛙ばかりうじゃうじゃ。

共感2非共感0

・日本の話ではなく、韓国の現実と対策を教えなきゃ〜

共感2非共感0

・結局は、現代のチラシ記事。
共感3非共感2

・日本は技術投資にお金を注いでるのに…
韓国は福祉と公務員にお金を注ぎ込んでしまってますね…
共感3非共感2

・行く道が遠い。
共感2非共感1

・日本より遅れたらダメだ。
そして世界初の核融合発電を完成しよう。

共感1非共感0

・日本の奴らがうまくいくだろう。緻密な奴らだ。

共感1非共感0

・中国と日本は企業を応援し、サポートしている…私たちは?

共感3非共感3